DESIGN/PLAN ~創造と具現化~

 001 美容室 organ様 佐世保市  改装工事


白と木目を基調とした内装から「館」というテーマで魔女の部屋にタイムスリップしたような空間をデザインから施工までご提案させて頂きました。10坪の空間に理容用のセット面が3席と受付兼待合スペースからシャンプールーム、理容用1席、美容用1席、メイク1席メイク席の中に受付のカウンターを設置しました。外観は、壁面のブリックやひび割れたサイン壁を活かしつつ、ガラスサッシ枠のドアをリメイクと白が色落ちしたエイジング塗装を施し、小さいガラスサッシ枠をモールディング材と黄色と青のデザインガラスでリメイク、大きなガラスサッシ枠の下には壁からテーブルが浮き出た様な遊びを加えました。改装前の外観を最初に拝見した時点で、テーマとした「館」のイメージがあり、この外観に合う内装を考え「魔女の宅急便」キキの部屋というよりはディズニーアニメ「白雪姫」の魔女の部屋で過去に住んでいた少し朽ち果てた空間を手掛けました

002 TIGRE BROCANTE様 

        MaG東京 展示会

        間仕切壁及びディスプレイ棚


ファッション及びインテリアのバイヤー専門の展示会(MaG)の区画を仕切る間仕切壁と棚のプラン及び製作致しました。オーナー様からの要望でもある

⑴簡単な組立式での梱包

⑵藍染風の色を考慮して、先ず構造から考えました。

パネルは軽量化のため2枚を1セットで組立てる構造で単板5mmの杉材を使用し、H型の2本の柱でパネルを入れ込み、筋交い型の脚で自立するように製作しました。脚と柱の固定は手動のドライバーでも組み立てられるように鬼目ナットを使用し、パネルと柱も連結できるように施しました。

色に関しては、あまり濃淡を出さずデニムが色落ちした際の生地のところどころが白く、粉をふいたような風合いを表現しました。